心配している男性

カンジダはカビの仲間であり、子宮頚部や膣内に外陰部で増えていく性器カンジダ症は、割合的に発症をすることが多いのは女性です。乳酸菌のデーデルライン乳酸菌が存在をするのが女性の膣内部であり、自浄作用を持つ乳酸菌ですので、悪さをする菌に対してはその働きで繁殖を防ぎます。

常に安定していればよいのですが、時としてバランスが崩れることがあり、そのタイミングで増殖して優位になるのがカンジダ菌です。オカラ状や豆腐のカスのようなオリモノが生じたり、舌が白くなったり、通常では見られない症状が出てきます。

過剰にビデで洗浄を行いすぎていたり、風邪薬や抗生物質の服用後など、浄化作用を持つデーデルライン乳酸菌の力が低下をしてしまうのが大きな原因です。

自然発生的に発症をするのもカンジダ症であり、基本的には90%がその傾向にあります。カンジダ・アルビカンスは性器カンジダ症を招く最も多い菌であり、日和見菌感染症の一種ですあらゆる菌が人間の体内には共存をしており、健やかな時には日和見菌が悪さをすることはありません。強い歩廊間の中にいる時や免疫力が落ちた際に、何かしらの疾患を招く菌が増殖して病気などになる感染症が日和見菌感染症です。

体内にもともと存在する菌なので、健康な時には体内にマイナスの影響を与えません。デーデルライン乳酸菌に元気がなくなり、身体のコンディションも低下をした際、環境の変化によりカンジダ菌はあらゆる症状を起こします。

無自覚のうちに増殖をする自然発生で起こる症状ですが、自浄作用によって自然治癒することもあり、軽度のレベルならそれが可能です。自然治癒できるのはあくまでも症状が軽い時であり、かゆみが強く出たり、大量に帯下が出るようであれば、自然治癒だけでは力不足になります。病院へ行き専門医に診察をしてもらい、正しい治療を受けることが必要です。

割合的には女性の発症率が多いですが、男性も感染するため油断はできません。自分で気が付くだけではなく無自覚も含め、意外にも一生のうち1回は誰もが自然発生する可能性を秘めている身近な感染症です。女性にとっては頻繁に繰り返しやすい症状であり、感染は性別問わず感染をする可能性があります。糖尿病を患っている人なども、頻繁に再発をしやすいです。

体の構造自体に大きな差があるため、男性の場合はあまり自覚症状も感じにくく、症状が出ても自然に治るケースは少なくありません。ところが絶対に発症をしないわけではなく、男性器の亀頭部分が皮で覆われた包茎の場合は症状が出やすいです。体外に出ている男性期は、比較的ジメジメした環境にはなりにくいものの、包茎になるとそうはいきません。

亀頭部分は常に皮で覆われた状態になっていますので、包み込まれている分だけ通気性が悪くなります。空気の流れが滞ることで湿気は内部に溜まりやすく、亀頭と包皮との間には尿が残ることから、汚れは垢とミックスして恥垢となり蓄積をするのも避けられません。汚れが溜まりやすいことや通気性の悪さも手伝って、雑菌は勢力をふるい繁殖をするため、過剰にカンジダ菌が増殖をする流れです。

強い炎症作用を持つステロイド剤を使用している人も注意が必要であり、湿疹やかぶれにかゆみ止めの働きなどで使われます。免疫機能を抑制するのもステロイド剤であり、医薬品を飲むことで過剰なカンジダ菌の増殖を手伝ってしまうためです。

様々な症状を招くことになるカンジダ症であり、男性が発症をすると亀頭がかゆくなったりただれたり、赤くなって白いカスが出てきたり、軽い痛みをかじることもあります。最も特徴的な症状は、白いカスが生じることであり、尿道炎となり排尿痛を起こす事もあるため注意が必要です。

記事一覧
女性の膣カンジダに効果抜群!カーネステンクリーム 2019年11月22日

カンジダ症の治療および再発予防に用いられるカーネステンクリームは、エンペシドクリームの名称で日本では知られている抗真菌薬効果がある塗り薬です。イミダゾール系の抗真菌薬のカーネステンクリームは、癜風や白癬などの治療でも効果があります。膣カンジダや皮膚カンジダを解消するためのサポートになるため、女性の辛...

男性の性器カンジダのかゆみにはラミシールクリーム 2019年11月18日

不快感やかゆみにも悩まされやすい男性の性器カンジダの症状には、抗真菌薬ラミシールクリームでの治療が最適です。カンジダだけではなく水虫や、癜風などの症状にも力を発揮してくれます。有効成分にテルビナフィン塩酸塩している本格派であり、原因が真菌となる股部や足などの不快な状態の治療に効果を発揮する抗真菌薬で...

もしこんな症状があったら性器カンジダかもしれません 2019年11月16日

性器カンジダ症に男性が感染した際の症状として、包皮と亀頭部のあいだに炎症を起こす亀頭包皮炎があります。見た目にも赤みが増してきたり、痛みやかゆみが強くなることがありますが、強い炎症には注意が必要であり、化膿をするリスクもあるためです。赤く包皮が腫れて盛り上がることもありますが、そうなるのには理由もあ...

男性の性器カンジダはなぜ症状がでにくいの? 2019年11月13日

女性とは異なり男性の性器カンジダは症状がでにくいのは、性器の構造自体に大きな違いがあるためです。男性の性器は体の外に露出をしていることで、女性器のような高温多湿の環境ではありません。体の外であるために通気性がそれだけ良いため、性器カンジダを増殖しにくいと言えます。例外として当てはまるのは包茎の人であ...