• ホーム
  • カンジダにかかったら湯舟に入らない方がいい?

カンジダにかかったら湯舟に入らない方がいい?

身長にもなるカンジダの症状ですが、毎日のバスタイムで感染しないか心配なため、湯舟を利用するべきかは迷うところです。結論から言うと入浴では感染しないため、湯舟に浸かることは問題がありません。真菌の一種であり人間の皮膚に付着をして共存をする常在菌なので、通常は人に悪さをすることが無いです。

様々な錠剤細菌が存在をしており、バランス場と十乗っている時は、繁殖は高い免疫力で抑えられています。ところが様々な理由から免疫力が低下をした時が要注意であり、一気に繁殖をする可能性が高まるためです。棲み分けのバランスは抗生物質など、医薬品の服用をした際にも起こることがあります。

繁殖をする際に好む環境としては、湿っぽくジメジメした場所です。皮膚炎を発症しやすい部位としては、女性などはまさに菌にとっては最適な場所であり、口の中などもそうした環境が整っています。

1日の終わりのリラックスタイムとなるお風呂の時間ですが、浴槽に浸かりゆったりしていると、芯から温まりますし、通常よりも増えるのが発汗です。毛穴が開いて汚れも浮き出しやすく、発汗によるデトックス作用で心身ともにスッキリとします。

体を石鹸やスポンジを使い洗浄をしますし、お風呂上りには清潔なタオルでの水分の拭き取りも行う時間です。汚れも全て洗浄をして洗いガスことから、カンジダが皮膚に付着し続けることはまずありません。

子供や老人は免疫力もさほど高くはないものの、同じ風呂を使っても問題が生じることは無いです。免疫力や抵抗力が低下をすることの避けられない老人も、かゆみを伴うような皮膚疾患になることがありますが、お風呂に関しては問題はありません。むしろ肌を清潔にしたり血流をよくすることで、健康維持にもつながります。もっと大切なのは肌が乾燥をしやすい老人の場合、入浴後に保湿剤などで肌に潤いを与え鵜ことです。

注意をしたいのは子供にカンジダ性皮膚炎が発症している可能性がある場合であり、小児科や皮膚科を受診して正しい対処が必要になります。家族でバスタオルを使い回ししたりしても、万が一皮膚にカンジダ菌が付着した場合は、単についただけです。簡単に感染をすることが無いのは、ある程度の時間が必要になることと、十分な湿り気も必要なためであり、あまり心配する必要はありません。

家庭のお風呂は家族是認で使う場所ですが、お風呂で感染をする確率はほとんどなく、子供と一緒にお風呂に入っても大丈夫です。お湯に浸かり温まって、洗浄成分をボディソープや石鹸を使い、身体もしっかり洗ってタオルで水分も拭き取る、バスタイムでの感染を心配することはありません。

気になるようであれば感染をしているかどうか、病院での検査をすることもできます。爪や皮膚の角質層を使い出来る検査であり、培養検査をしたり顕微鏡を見る検査で知ることが可能です。本人としては深刻に悩みやすいですが、皮膚炎のカンジダはそれほど重篤な疾患ではありません。