• ホーム
  • カンジダに効果がある?かゆい時の対処法

カンジダに効果がある?かゆい時の対処法

痒みに悩まされやすいカンジダの症状ですが、効果的な対処法を知っておくと安心です。毎日のバスタイムは至福の時間ですが、身体を洗う洗浄成分にも意識を向けてみます。使いたいのは抗真菌成分入り石鹸であり、真菌の生育を阻害する作用を持つ洗浄料の効果は試してみる価値ありです。

通常の皮膚の汚れや気になる体のニオイだけではなく、皮膚のカビなど細菌まで洗浄をすることができます。一見すると皮膚に負担が大きい印象ですが、抗真菌成分入り石鹸は通常の、大量生産される安価なボディソープよりも肌にとっても優しいです。

毛穴や皮膚の汚れをスムーズに浮き上がらせてくれますから、洗う際に強い力でゴシゴシと擦る必要もありません。強い力で洗うことで、皮膚にとっては掻くようなダメージを与えられるため、余計に肌の状態は弱くなるばかりです。でも皮膚にとってとても優しい成分であれば、無駄に肌に大きな負担をかけることにはなりません。

ばい菌や雑菌というワードは近年とても良く目にしたり、耳にすることが多いですが、細菌やカビの真菌などのことです。いくつもの種類があり、菌には違いがあるため、適した成分でのアプローチも必要になります。

カンジダでの痒みの対処法として、抗真菌成分入り石鹸は味方となってくれるアイテムです。注意をしたこととして、バスタイムで身体を洗う際に、熱すぎるお湯を使わないこと、また掻くような強い力を加えないことであり、優しい力で洗います。熱いお湯のシャワーが気持ちが良いと感じることもありますが、肌を乾燥させるため痒みを増すことになり危険です。

体を洗う際には汚れだけではなく、潤いも洗い流しますので、そこに熱いお湯が加わると皮膚の乾燥はヒートアップするばかりです。タオルやスポンジで強い力で洗うよりも、良く泡立てたホイップ状の泡で、優しく洗うようにします。痒みがあるからといって皮膚を掻くのは危険であり、些細な傷口から細菌が入り込むリスクが高まるためです。

通気性の良さもカンジダ対策になりますので、下着選びにも注意をします。蒸れから防ぐためにも、通気性の良い天然素材の下着を選ぶことです。化学繊維の下着蒸れやすいですが、それだけ通気性が悪いためであり、コットンやシルクなどを選ぶようにします。天然素材はこもりやすい湿気や汗も、外へと逃がしやすいですし、素材も柔らかいので肌にも優しいタイプです。

デザインも重視をしたほうがよく、小さめのビキニタイプは蒸れやすいですし、きつめのデザインはゴム部分に痒みを感じることがあります。デザインは余裕のあるタイプを選び、素肌を清潔に保つことです。

カンジダの影響で痒みを感じる際の対処として、保冷剤を使うこともできます。直接患部に当てるのは刺激が強いため、保冷剤を使う際には、柔らかく清潔なタオルなどで包み、ワンクッション加えてあてるようにすることです。毎回清潔な状態で使うために、使用後には洗い水分を拭き取るようにします。