• ホーム
  • カンジダを治したい人のための食生活指南

カンジダを治したい人のための食生活指南

健康を左右するのは日々の食事であり、カンジダを治すためにも食生活の見直しは必要です。食べ物は思っている以上に体に影響を与えていますので、まずは避けるべき食品を把握します。

お手軽で味付けが濃くてすぐに食べられる、あらゆる加工食品も避けるべき種類です。開封さえすればすぐに食べられる缶詰や瓶詰を始め、パッケージ済みの加工食品は、何度でも食べたく味わいで人を虜にします。

その陰に潜むのは生成した成分であり、砂糖などを大量に含んでいるため危険です。
基本的に砂糖は一切を除去する覚悟で臨むことであり、一時的に摂取をしないのではなく、継続的にカンジダを完治させるためにも避けるようにします。

取り組みを開始してからの10日間のあいだは、イースト菌を含有する食べ物を避けることです。様々な食品にイースト菌は含まれていますので、慎重に見極めて献立には取り入れないようにします。

すべてのチーズが対象になりますが、ロックフォールなどは絶対に避けるべきです。すぐにイースト菌で思い浮かべるのはパンですから、菓子パンや食パンも食事からは除去して、ペストリーなども食べません。ドレッシングやマヨネーズなど、香辛料やソースなどもNGです。麦芽食品やマッシュルームに砂糖漬けフルーツ、スイカにメロンも食べないようにします。

期間として10日間を目安にイーストを現有する食べ獲物を口にしないと、イーストに対して自分が過敏化を知ることが出来るためです。支障が無ければ、まずはカビのチーズを口にしますが、もしもイースト食品でマイナスの症状が起きたら、イースト菌含有食品を除去します。

自由に食べても良い食べ物として、低糖質野菜は最適であり、低カロリーで低糖質、おまけに食物繊維も豊富です。アスパラガスやブロッコリーにほうれん草など、食べることのできる低糖質野菜はたくさんあります。

控えなければならないイメージがありますが、肉や卵も食べて一向に構いません。むしろ肉や卵は野菜と並んで、日々の食事の中で積極的に食べたい食材です。鶏肉や牛肉に豚肉も食べて構いませんし、イワシや鯖にサーモンなどの魚も食べることができます。

普段口にする飲み物にも意識をするべきであり、コンビニで手軽に買える、清涼飲料水やスポーツドリンクなどは避けたほうが無難です。思いのほか清涼飲料水には過剰な砂糖が入っているためであり、コーヒーなどのカフェイン印象を飲む際にも、たくさんの砂糖入りは控えなければなりません。

積極的に飲みたいのは水であり、ミネラルウォーターなどのような、混ざり物を含まないシンプルな水を飲みます。キンキンに冷蔵庫で冷やした冷たい状態ではなく、常温の状態で飲むこと、一気に飲むのではなく、1日を通してこまめに水分補給をするのもポイントです。最初は甘い清涼飲料水や、砂糖たっぷりのコーヒーなどが恋しくなるとしても、だんだん水の美味しさに体自体が慣れてきます。