• ホーム
  • 女性の膣カンジダに効果抜群!カーネステンクリーム

女性の膣カンジダに効果抜群!カーネステンクリーム

葉の上にあるカプセルとスプーン

カンジダ症の治療および再発予防に用いられるカーネステンクリームは、エンペシドクリームの名称で日本では知られている抗真菌薬効果がある塗り薬です。イミダゾール系の抗真菌薬のカーネステンクリームは、癜風や白癬などの治療でも効果があります。

膣カンジダや皮膚カンジダを解消するためのサポートになるため、女性の辛い膣カンジダにも効果は抜群です。製品名エンペシドクリームで日本では、1960年に医薬品の販売がされている、すでに40年以上の長い実績のある治療薬として愛され続けています。

日頃からあらゆる摩擦を起こしやすい皮膚カンジダや、性器などに起きる膣カンジダ、インキンタムシや水虫などの白癬にも力を発揮できる医薬品です。

有効成分クロトリマゾールがカーネステンクリームの強みであり、エルゴステロールの生成をパワフルに阻害します。エルゴステロールは真菌の細胞膜を構成する成分であり、これに対して働きかけるのが有効成分クロトリマゾールです。生合成の阻害を強力に行うことが出来るので、真菌における細胞膜の機能は下がるため、抗菌作用をもたらすことができます。

膣カンジダ症は女性のデリケートなお悩みですが、特効薬として働くのがカーネステン膣錠です。人には相談をしにくい、膣カンジダ症を解消するサポートになってくれます。

エンペシド膣錠の名称で日本では知られるのがカーネステン膣錠であり、販売が開始されたのは1960年です。国内で販売がスタートをしてから、実に40年以上も経過した今でも、膣カンジダ治療ではその有効性が認められています。

膣内でカンジダ菌が異常に繁殖をしてしまうのが膣カンジダ症であり、外陰部の皮膚症状は皮膚の外側には軟膏やクリームで対処できても、膣内へのアプローチは難しいです。厄介な菌が繁殖をしているのは膣内ですから、塗り薬だけでそれらを鎮めるには無理があります。

カーネステン膣錠は塗布をする医薬品ではなく、効果があるのは挿入をするタイプなので、内側から根本的な解消へ導くことが可能です。挿入をすることで有効成分を患部へと直接届けることが出来るのが強いであり、軟膏やクリーム類の塗り薬より完治させる確率が高くなります。

発症させる原因となっている、カンジダ菌に対して強力な殺菌効果でアプローチを仕掛ける、頼りになる抗真菌薬がカーネステン膣錠です。カンジダ菌を発育させないようにして、阻止することにより、膣カンジダにより起こるおりものやかゆみの異常を鎮めてくれます。

カーネステン膣錠の副作用としては、挿入に若干の刺激や熱感を伴うことがあったり、発赤や疼痛にそう痒などです。膣カンジダの外陰部の症状を緩和させたり、回復へと向かわせるためには、同様にクロトリマゾールを含むカーネステンクリームとの併用をするのが効果を高めます。

カーネステンクリームの副作用としては、皮膚炎や発赤に丘疹、局所の刺激感やただれに熱感などです。主に生じやすいのは皮膚症状ですが、重篤な副作用につながることはほぼありません。