• ホーム
  • 市販されているカンジダ治療薬について

市販されているカンジダ治療薬について

気軽に購入のできる市販のカンジダ治療薬には、いくつもの種類があります。第1類医薬品のメディトリートクリームは、有効成分にミコナゾール硝酸塩を含有している外用薬です。腟カンジダの再発で起こる、発疹などを伴う外陰部のかゆみに対応をします。ミコナゾール硝酸塩の働きを強みとするメディトリートクリームは、腟カンジダの要因となるカンジダ菌への殺菌効果があるため、辛い症状を改善へ導くことが可能です。

第2類医薬品のフェミニーナ軟膏は内服薬ではなく外用薬であり、患部に1日に数回ほど適量を塗布して使います。かゆみの発生を抑えることのできるジフェンヒドラミン塩酸塩成分を配合した外用薬であり、素早くかゆみが静まるのはリドカインも含むためです。フェミニーナ軟膏により、雑菌の発生をセーブさせるのはイソプロピルメチルフェノールであり、トコフェロール酢酸エステルは皮膚の新陳代謝をアップさせます。

カンジダの増殖を抑える抗真菌薬のクロトリマゾールは、内服薬ではなく膣錠の外用薬です。クロトリマゾールとして100mgを、1日1回だけ膣深部に挿入します。連続をしてクロトリマゾールは6日間使いますが、もしも必要であれば期間を延長することも可能です。

膣カンジダの再発などの効果を発揮するのが、市販薬のフレディCC膣錠Aであり、有効成分にイソコナゾール硝酸塩を採用しています。アプリケーターを用いて、フレディCC膣錠Aは膣深部に挿入して使うタイプです。1日使用回数としては1階であり、ベストなタイミングは就寝前になります。利用をする期間としては6日間であり、あいだを開けることなく毎日使うようにすることです。

イソコナゾールに含まれるオキシコナゾール硝酸塩の抗真菌成分が、カンジダ菌の細胞膜へアクションを起こす事で、細胞膜は壊されるため高い殺菌作用があります。外陰部の赤みやかゆみに晴れの症状も、腟のおりものなどの以上もイソコナゾールは改善へと導くことが可能です。スムーズに溶けやすいのは、膣の中にある水分を十分に吸収するためであり、溶けてから広がるまでもスムーズに行われます。

癜風や水虫にカンジダ症などの効果を発揮するのは、抗真菌薬として使われるミコナゾールです。白癬菌をはじめとして真菌に働きかけることが出来るのがミコナゾールであり、マラセチア属菌やカンジダ菌などの、真菌感染症の分類となる菌にも高い効果を出すことができます。ミコナゾールを有効成分とするクリームであれば、1日に患部に対して2回から3回程度塗ることで、次第に症状を改善へと導くことのできる成分です。

エンペシドLの有効成分はクロトリマゾールであり、カンジダ菌に対しての抗真菌作用でアプローチをします。有効成分が順調に膣内に広がる発泡錠であり、スムーズに崩壊をするのは体温による作用です。特に癖のある臭いはないのもエンペシドLであり、無着色なので安心して使用ができます。